ファミクリTop > ファミクリについて > 家庭医あいさつ

家庭医あいさつ


    ■梅沢義裕 院長 プロフィール >>     メディア掲載情報 >>

 この診療所は、2003年7月に開業いたしました。「家庭医療学」を実践する新しいスタイルの診療所です。

 「家庭医療学」とは、従来のような内科、小児科、婦人科などのように、
その科しか診ないという各診療科に分かれた診療ではなく、
患者様の性別、年齢、臓器別にとらわれないで
広く総合的な診療を、一人の医師が行うものです。

 体調が悪いとき、大病院の何科に行ったら良いのか、
わからないときがありませんか。怖くてなかなか行きづらいときもありませんか。
そのような時は、どうぞ、心を楽にしてお出かけください。

 家庭医とは「日常病」の気楽な相談所でもあります。
日常病には最適の診療を施し、比較的珍しい病気や、
より専門的な検査治療が必要な場合は、
専門医や高度医療病院の先生方と連携をとり、ご紹介いたします。

 体だけを診察しても、病気のことがわからないことも多いものです。
あなたやあなたのご家庭を取りまく複雑な社会の環境もお聞かせいただき、
皆様と一緒に診療方針をたてていきましょう。

 私は、遠く医学生の頃、離島や無医村で家庭医をすることが夢でした。場所こそ、東京の住宅地になりましたが、実践する医療の内容は同じです。赤ちゃんからお年寄りまで、日常病を中心に、「ご家族まるごとのかかりつけ医」になれるよう、 この地に根を生やしていくつもりです。
 平日夜間は24時間急患対応いたします。

 診療所にいらっしゃれない方には、こちらから往診に伺います。
育児をしながら働いているお母様やご家庭のために「病児保育ルーム」もご用意いたしました。

ファミリークリニックは、皆様とともに歩んでいきたいと考えています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

      田園調布ファミリークリニック院長 梅沢 義裕




<梅沢 義裕 プロフィール>

昭和32年
昭和58年


平成6年




平成12年


平成15年
千葉県生まれ
岩手医科大学卒業
東京女子医科大学 脳神経外科 入局
  脳神経外科の手術や救急診療に明け暮れる
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 理事就任
  最先端病院の経営に参画従事
  同医療法人 森の里病院 院長就任
    「つい行きたくなる病院」創りをスローガンに
    24時間体制で地域医療に没頭
亀田メディカルセンター 家庭医診療科にて家庭医研修
  小児科、産婦人科、内科、皮膚科の各外来を担当し、
  健康管理センターにて人間ドックや内視鏡検査を担当
田園調布ファミリークリニック 開院
●脳神経外科専門医

●趣味  シーカヤック、オフロードバイク、キャンプ



All rights reserved Den-en-tyofu family clinic